• 医療データーベースについて

    多くの患者を抱える大病院であればあるほどそのデータ量は膨大です。そんな中、万が一のことが起こっては患者さんの命にも関わります。

    それを防ぐために医療現場において、情報をデーターベース化するところは多いです。
    患者さんの病名や検査内容・経過などすべてをデーターベース化することでさまざまな情報を管理し、集計業務などの負担も軽減させているのです。

    医療現場においてデーターベース化するのは病気の状況だけではありません。

    医療のデーターベースが有名になってきました。

    日々の業務の中で起きたヒヤリ・ハット事例も管理されているのです。このデーターベースを他の医療機関や事業所でも共有することで、もう二度と同じことが起きないよう、ヒヤリハットの予防に努めているのです。

    海外と比べると日本の医療界のIT化は遅れていると言われています。

    これだけは知っておきたい毎日新聞の情報を利用しない手はないです。

    ようやく始まったデーターベース化の動きは医師や看護師たちの仕事を楽にし、人件費がかからなくなるため、我々の治療費にも還元されてくるでしょう。



    診断書や報告書などいずれもテンプレートに従って作成すればよいので更に管理が楽になってくるはずです。
    また、医学の質を向上させてくれることでしょう。
    今注目されている分野なのです。
    ちょっとしたミスが人の命にも関わってくる業界ですが、人の力だけでは完全にミスを防ぐことは難しいです。

    ITの力も借りてより高いレベルの医療を行なえるようになるのです。


    フリーソフトも出ているので、ダウンロードすればどの病院でも使うことができます。

  • 驚く情報

    • 西洋医学では臨床を基に治療データの分析が行われ、治療効果や副作用等の情報集積が行われます。とくに化学療法では、使用された薬剤が患者に対してどのような効果が出て、また、どのような副作用が出るかを検証します。...

  • サポート情報

    • 医療の分野においてもデーターベースを利用する動きが高まっています。医薬品や機器というものは、病状に応じて莫大な数が用いられてきました。...

  • 医療について思うこと

    • 患者さんの話を聞きながらカシャカシャとパソコンのキーボードを打つ医師の風景は、もう今やすっかりお馴染みになりました。電子カルテが登場したのは1995年です。...

  • 医療の特徴紹介

    • 病院を選ぶ際に、医療機関の口コミサイトは参考になります。しかし口コミの件数が少なかったり、自分と同じ症状の方の口コミがなく、信頼できるかどうかわからないといった経験を持った方も多いはずです。...